• 最近の投稿


  • 出会い系サイトで万が一架空請求が来た時の対処法

    出会い系サイトで熟女に出会いたいと思っていても、架空請求が来るとなると恐いものです。
    出会い系サイトの全てが適切に運営されているわけではありません。
    もしかすると、自分が登録している出会い系サイトから架空請求が来ることだってあり得ます。
    しかし、架空請求が来た時の対処法について知っていれば、別段慌てる必要はありません。

    架空請求はどういう手口を取るのか

    出会い系サイトの退会をしようとした時に、「3日以内に下記指定の口座に○○万円を支払え」という風にメールなどで通知されたら怖いものです。
    この時に自分あての宛名やサイト名、URLなどが無かった場合は架空請求の可能性が高いです。
    メールなどに通知される場合は、基本的に一人一人の名前を知っているわけではないです。
    実際のところはアドレス屋から購入したリストに基づいて送っています。

    メールだけでなく、電話などで通知をされるということもあります。
    電話番号を知っているというのはすごく怖いものです。
    身に覚えが無ければ全然無視してもらって構いませんし、着信拒否をしても大丈夫です。

    こちらからコンタクトを取らないことが大事

    自分は本当に覚えがないというのであれば、基本的に無視してもらってもいいです。
    しかし、裁判所からの少額訴訟については無視してはいけません。
    無視してしまうと敗訴してしまい、お金を支払う必要があります。
    もし裁判所からの通知が来たのであれば、裁判所からの通知かどうかを確かめたうえで、指定日に出頭するか、通常の民事裁判を行うかという選択をします。

    心配だというのならば、国民生活センターや法律家に相談してみてください。
    少なくとも、こちらから電話やメールでコンタクトを取らないようにしてください。

    架空請求が来ても怖がらない

    せっかく熟女と出会いたいのに、架空請求に巻き込まれるのは正直言って不運なことです。
    架空請求が来てもこちらからは一切コンタクトを取らずに、国民生活センターや法律家に相談しましょう。



    Comments are closed.